妊娠中安定期になったらやっておきたいこと

妊娠20週目に入ったら、ようやく安定期です。このころには赤ちゃんの性別もわかってくる場合が多いようです。病院や先生の方針によって教えてくれたり、生まれるまで教えてくれなかったりしますが、私の行っていたクリニックの先生はすぐに教えてくれる先生でした。私も早く知りたかったので教えてくださいとお願いすると、エコーの映像をみながら「ほら、ここにおちんちんがついているでしょ?」と解説付きで教えてくれました。男の子だとわかるといよいよ赤ちゃんが生まれる実感がわきます。ちょうどひどかったつわりもおさまってきた頃で、まだお腹は軽かったので今のうちにと思い、いろいろなことをしました。
まずは主人の実家の母に言われていた、戌の日のお参りをしました。自治体のママさん教室に参加したときに教えてもらった、地元で有名な神社に主人といって腹帯を買い御祈祷をしてもらいました。私はあまり詳しく知らなかったのですが、他にもお参りやお礼参りに子供連れで来ているご家族もありほほえましい思いでした。
それから、旅行もしました。子供が生まれてからだとなかなか主人と二人の時間もとれませんから今のうちにしたいことをしておこうと思い、国内ですが飛行機を使って遠出もしました。彼の実家の近くだったので直接妊娠の報告もできとても有意義な旅行になりました。
もう一つ、やっておかなくてはいけないのが、出産の準備と赤ちゃんが生まれてきてからの準備です。ただまだ、赤ちゃんのいる生活というものがいまいち想像できなくて、何がどれだけいるか決めるのが難しかったです。結局は病院でもらった冊子に書いてあった通りに一通りのものをそろえました。
まだまだ安定期にやっておきたい、と思っていたことはあったのですが、妊娠30週目、転院した先の産科の検査で、切迫早産になっていたことがわかり、その後はずっと臨月まで自宅安静生活でした。安定期だからと少し張り切りすぎたかも、と反省しています。臨月になって38週で無事出産できました。
何が起こるかわからない妊娠期間中ですから、できる準備は早めにしておくべきだと実感しました。