妊娠中期に無性に甘いものが食べたくなってしまいました

妊娠初期まではつわりがあったので食欲もほとんどなく、体重は全く変わりませんでした。しかし、妊娠中期に入り、つわりが終わったころに食欲が出てくるようになったのです。それまではしばらく食事が美味しいと感じなかったので、久々に味わうおいしさから食事の量も増えていきました。そして甘いものにも目が行くようになり、つわりの解放感から大量に食べてしまったことがあります。自分でもいけないと思いつつ、少しずつ食べているつもりが止まらなくなり、お蔭で体重も一気に増えました。妊娠健診では当然体重増加を医者に指摘され、さずがに反省しました。主人がつわりの辛い時期の私を見てきていたので、つわりの終わりとともにお菓子を大量に買ってきてくれていたのです。それが誘惑の原因となっていたので、お菓子を含めた甘いもの関係は極力控えていくようにしました。

低カロリーな食事内容で、食べ過ぎないように気を付けて食事を取るようにしました。ただ、やはりときどきは甘いものも食べたくなります。それがストレスになってしまってまた暴食を起こしかねない状態になってしまうのを考えて、フルーツの入ったヨーグルトやゼリーをときどき食べるようにしたのです。ヨーグルトやゼリーはカロリーも低いですし、フルーツは自然な甘みがあって安心です。これをしばらく続けていき、たまにチョコレートなどのカロリーが高いものでも、小さな量で1~2個と決めて食べていました。たまに食べるので罪悪感もなく、ストレスが溜まることもなかったです。

お蔭で出産まで暴食をすることもなく、体重も理想の範囲内で抑えていけました。それまで特に甘いものには執着もなかったのですが、妊娠をするとやはりホルモンバランスのせいか、無性に欲しくなってきます。食べ過ぎることはよくないですが、我慢をするのもストレスを溜めるので、工夫をして食べていくとそれなりに効果がありました。甘いものの取り過ぎは体重増加だけでなく、赤ちゃんにも影響が出てしまうのを産婦人科の栄養指導で教わったので、なるべく控えるように気を付けていきました。