高齢で妊娠・流産経験2回の私が41歳で赤ちゃんを授かった奇跡

結婚してからしばらくは私もフルタイムで働いていたのですが、結婚後2度の流産をしたことと30代後半で結婚した私達にはあと数年が妊娠できる最後のチャンスでもあったために妊活のために退職をしました。
退職後2年ほど不妊治療をしていましたが、主人は自然妊娠を希望していてどちらかというと高度な不妊治療には積極的でなかったこともあり結局妊娠には至らずに、私の体調も不妊治療の薬や注射の影響、なかなか赤ちゃんを授からないことで精神的にも追い詰められていきこのまま治療を続けていくかどうか悩む日々が続きました。
そんな中、私達夫婦で治療前に私の40歳の誕生日までに赤ちゃんを授からなかったらあきらめて2人だけの人生を探そうと決めたタイムリミットの40歳の誕生日を迎えて不妊治療は卒業しました。
主人の気持ちはわかりませんが、私の方は友人や知人の妊娠の報告を聞くたびに心から喜べない自分がいて結局まだ割り切れていない気持ちでなんとなく仕事を再開しようという気分にもなれずにそのまま専業主婦を続けていました。
もともと排卵日以外の夫婦生活はあまり持てなかった私達なので、当然のごとく不妊治療卒業後は夫婦生活の回数も減っていきました。
不妊治療卒業後1年位経って結婚前から続けていた基礎体温もやめてしまってもうすっかり赤ちゃんはあきらめていたころに変化が起きました。
もともと生理だけは規則正しくきていた生理が遅れて、体が熱っぽくてだるい日々が続いたのです。でも2度も流産しているし、あんなに不妊治療してもだめだったんだから妊娠なんてありえないし、もしかしたら更年期なのかなと疑っていました。
それでも一向に生理がくる気配がなく念のために市販の検査薬でためしてみたらなんと陽性反応がでたのです。あわてて産婦人科に行ったら6週目に入ったところでした。
よく人の話では不妊治療をやめたとたんに赤ちゃんを授かったという話は聞いたことがありましたがまさか自分に起こるとはほんとにびっくりしました。
高齢なので無事出産まで漕ぎ着けられるかは不安ですが、主人やお腹の赤ちゃんのためにも頑張っていこうと思っています。